禁煙治療に保険が降りるかは依存度次第

禁煙外来で治療を検討している人は、保険適用が出来るかどうかも木になるのではないでしょうか。やはり保険が適用されるだけで今後の治療費も随分と変わってきますので、禁煙治療もより行いやすくなります。

保険が適用されるには条件があります。何度か禁煙外来を利用した経験がある人の場合は、まず以前の治療の初回診察日から一年が経過している必要があります。禁煙治療はしていたけれども、あまり覚えていないという人は相談だけでもしてみるといいでしょう。もし一年が経過していない場合は自由診療扱いとなります。

禁煙治療のための保険適用のための、ニコチン依存症チェックというのがあって、そのテストで5点以上かどうかというのも条件にあります。その他にも、一日の平均本数に喫煙年数をかけて200以上になるかというような数値判定などもあります。それに、1か月以内に禁煙治療をしたいと思っているかどうかなど、個人の意思も訊ねられます。やはりやる気がないと禁煙治療はしていけないという事なのでしょう。

実際に病院に出かけて医師と話して、それぞれの状態を確認してから保険の適用の有無の確認となります。目安として考えた上で、禁煙外来に行くのであればしっかりと自分自身でも禁煙を頑張ろうと思って出かけましょう。もちろん、場合によっては途中でやめたくなるかもしれませんが、医師もいろんなアドバイスをくれますし、保険適用が出来れば禁煙補助薬なども処方してもらいやすくなりますから、費用面でもずっと楽になります。自分の健康や家族のため、そして煙草にお金を払い続けなくてもよくなりますから、一度きちんと病院で自分の状態を知って禁煙治療をしていきましょう。

禁煙治療のコストは煙草に比べりゃ安い

禁煙をしたいけれども、なかなか出来ないと思って煙草を手放せない人は少なくありません。それに、禁煙治療をしようと思ったら治療代がどれぐらいかかるのかイメージがつかず、それなら煙草を吸っていた方が気楽だろうと考える人もいます。

段々と煙草の値段も上がってきていますが、実際の禁煙治療にかかる治療代はどれぐらいになるのでしょうか。今は健康保険が適用される治療も出てきましたので、以前に比べればぐっと安くで治療ができるようになりました。禁煙治療を行う期間としては、大体8~12週間ぐらい治療を続けていきます。病院にも途中で出かけることになりますが、自己負担三割の場合は処方される薬にもよりますが、13000~20000円程度の治療費になってきます。その間の煙草代に関しては、一日一箱吸うとして、約400円の煙草と換算すると24000~36000円程になるのです。

そう考えると、禁煙治療の費用に関しては敷居が下がったと思える人もいるのではないでしょうか。治療費の方が煙草代より安いのです。ずっと煙草を続けていると、それだけで無駄なお金を毎日使うことになります。禁煙が成功できれば、今後はその煙草代の費用を別のことに使うことが出来ます。美味しい食事に出かけてもいいですし、何かいい服などを購入しても良いでしょう。自分のためにセミナーなどに出かけて勉強代などに充ててもいいかもしれません。けれども煙草を吸い続けていると、お金は段々減っていくばかりですし、その上健康もどんどん損ないます。禁煙治療での禁煙成功率も約70%程とかなり高いので、禁煙を考えているのであれば、一度医療機関に相談に出かけて医師とじっくり話し合ってみましょう。

禁煙治療での成功率は?

タバコを吸いながらも、自分や家族の健康を気にしてやめたいと思っている人も多くいます。それでも実際に自分自身で禁煙をしようとしても、それが余計にストレスになってまたいつの間にかタバコの箱を手にしていたりするのです。

近年は禁煙外来もありますので、病院で禁煙治療をできるようになってきました。行ってみようかと悩む人もいるかもしれませんが、禁煙治療の成功率は大体約7~80%弱と言われています。一人で黙々と治療のためにタバコを我慢し続けると言うわけではありません。医師に自分の状態を問診されて、健康保険が使える治療が出来るかどうかなども確認していく事になります。

禁煙治療はただタバコを取り上げて我慢させると言うわけではありません。これまでの喫煙によってのニコチン依存症を治していくというスタンスになりますので、状態をその都度確認しながら禁煙補助薬の処方があります。必要に応じて呼吸中の一酸化炭素濃度の測定なども行われます。それに医師と話し合いをしながら治療を進めていく事ができますので、その分不安になる事も少なくなります。

これまでは禁煙をしようとすると、そのリバウンドで暴飲暴食をしたり、ヘビースモーカーで意思が揺らいでしまってなかなか続けられなかった人も多かったものです。子供が出来て早めにやめたいと思っても、ニコチン依存症となるとどうしてもタバコが手放せなかったのです。けれども禁煙外来に通う事で、状況の確認をしたりニコチンを含まない治療薬などを服用したりしていくようになります。たまにはつい吸ってしまう事もあるかもしれませんが、それでもいいのです。禁煙治療をすると決めたら期間の最後まで治療に通う事で禁煙を成功させた人も数多くいます。



ページトップへ